横浜市、綾瀬市、藤沢市、大和市のガーデン(造園)、エクステリア(外構)のことならヨコハマリード

神奈川県横浜市瀬谷区下瀬谷3丁目34-15

ご予約・お問い合わせはこちらへ

045-744-9203

グランドカバーに最適!強い多年草10選!

お庭いじりをしていると、どうしても出てくる隙間

とっても気になっちゃいます。。。

せっかく可愛いガーデニングをしても、その隙間から雑草がチビチビ出て来てしまいます。

そんなお庭の悩み(隙間)を埋めてくれるのがグランドカバーです!

 

外構と植栽の緑は切っても切れない関係です。

お家の外構は緑をちょこっと入れるだけでググッと引き立ちます!

 

 

グランドカバーとは『地面(ground)を覆う(cover)』という意味で、

踏まれても大丈夫な繁殖力の強い植物や、水やりなど比較的世話が楽なもの日陰でも枯れず

に育つ植物等が主に選ばれています。

 

芝生が良く見受けられますが、定期的な芝刈りなど手入れや管理がとっても大変・・・・。

そんな時、踏んでも大丈夫な花や多年草をグランドカバーとして植えてしまうのがオススメ

です。

今回はグランドカバーに最適の踏んでも平気な花や多年草を10種類厳選してご紹介いたしま

す。



 

【植物を選ぶ際 オススメの種目】

常緑植物・・・・・通年、緑色の葉っぱをつけている

多年草・・・・・・毎年花を咲かせる

ハーブ・・・・・・収穫して食用にも出来る。香りも楽しめる

耐陰性が高い・・・日陰に強く、暗い場所でも育つ

耐久性が高い・・・多少踏んでも平気で強い

 

クリーピングタイム

繁殖力の強い常緑多年草になります。冬でも枯れずに緑が茂ります。

科名はシソ科で原産地はユーラシア、北アフリカになります。

4月~6月頃に小さな花(薄紫、白、ピンク)が丸い手毬のような形で咲きこぼれる様は

とても可愛らしく見えます♪

花つきも良い為、シーズンには庭一面に咲きほこる花の絨毯を楽しむ事ができます。

タイムと同じで葉にも爽やかな香りがあるので、ハーブとして楽しむ事も出来ますし、さし芽

で増やす事も簡単に出来ます。

踏圧にはあまり強くない為、頻繁に踏まれるような所には適していません。

夏の暑さと湿気が苦手なので、風通しの良い場所に植え替えるといいです。

ヒメイワダレソウ(姫岩垂草)

草丈5~10cmの低木で、雑草の抑制効果があり、カメムシの発生を抑える働きがあります。

根を張るまでは水をあげて、それからは放置しても枯れることなく増え続けます。

知らない間にどんどん増えて広がっていくほど強い性質で、手入れも特に必要ありません。

ちぎっても平気なくらいです。小さな可愛らしい花を咲かせます。

冬は枯れて地上には残りませんが、春になるとまた復活します。

他の植物の成長を抑制する力があるので、繊細な植物のそばには植えないほうがいいです。

セダム

女性に人気な多肉植物です。枯れない多年草で、暑さや乾燥に強く大抵の場所で育つ事が

出来ます。寒さにも強く、冬でも常緑に育ちます。

ちぎって植えると、そこでもポコポコ増えます。ホントにポコポコ増えます♪

セダムは岩などに張り付いている姿形からラテン語の『座る』を意味する『セデス』が

名前の由来になっています。

ワイヤープランツ

枝がワイヤーのように細くて丈夫なことが名前の由来です。

冬の寒さは0度まで耐えられますが、霜に当たると落葉します。根まで枯れなければまた春に

は復活します。

夏の直射日光を嫌うので、半日陰などに移し変えるといいです。家の中でも可。

繁殖力が強い事から、人が歩く場所でもつるを良く伸ばし、どんどん広がって育ちます。

草丈が5~20cmと低く、丸い葉っぱが緑のじゅうたんの様に広がり、5~8月に小さな

白い花を咲かせます。

水切れが弱点なので、土が乾いていたら水をあげましょう。あげすぎは腐ります。。

ブラッククローバー

シロツメクサの変種で、黒い葉っぱに緑の縁取りが入っているのが特徴です。

葉が四つ葉なことから縁起が良く、シロツメクサ同様に繁殖力が強く、多少踏まれても

枯れる事はありません。

夏の暑さだけに弱く、夏は半日陰に移動してほかの季節は日向で育てましょう。

水やりは普通に、土が乾いたら水をあげて、湿るくらいで大丈夫です。

多肉との寄せ植えもカワイイですよ♪

葉の色合いから、庭をシックなイメージに仕上たいときなどに活躍してくれそうです。

芝生

皆良く知っている芝生。青々と茂ってゴロンとしたくなります。

手入れがなかなか大変で、草が伸びたらカットして根が伸びたら地面にフォークのような

器具で根切りして呼吸させて、冬は枯れる。

でも芝生一面のお庭はとてもステキです。憧れます・・・。

リシマキア

とっても丈夫な品種で湿気に強く、横に広がって育ちます。夏の始めに黄色い花が咲き、

寒くなると茶色く紅葉して違った雰囲気を楽しむ事が出来ます。

日光によく当たらないと花が咲かないので、咲かせたい場合は春から夏にかけて良く日に当て

ると咲きやすくなります。

シンボルツリーの下に植えると凄くオシャレ。

挿し木や株分けで増やす事も可能で、株分けは3月~4月が適しています。

ハツユキカズラ

冬でも葉を茂る、つる性の低木になります。

葉の色がピンクと、グラデーションもあり綺麗なのが特徴です。

新芽のときには赤みの強い淡いピンク色で徐々に白みが強くなり、次いで白と緑色の斑点が

混ざった姿になり最終的に緑一色になります。

緑一色が寂しい場合は、刈り込むと白い新芽を出し、ピンクへと変わります。

刈り込みは春から夏にかけてやりましょう。冬は成長が鈍るので、春まで待ちます。

それぞれの成長段階の葉が混ざった形で成長していくので、春~秋にかけては非常にカラフル

で美しい姿になります。緑色の葉は秋~冬に紅葉します。

ギボウシ(擬宝珠)

耐陰性が高い品種で日陰でも育ちます。

葉の模様は種類がとても多く、葉の形も丸くてカワイイ植物です。

夏の初めから秋にかけて白やピンクの綺麗な花が咲きます。

花も綺麗ですが主に葉が観賞対象の植物です。

ほふく性ではなく一株のまま大きくなるので、シンボルツリーの下などにポイントに植えると

良いです。

原産国は日本で和風の感じがしますが、今やイングリッシュガーデンにも欠かせない材料です

サギゴケ

ハエドクソウ科の常緑多年草です。這うようにして広がる性質と、鳥のサギのような花姿が

名前の由来です。草丈は10~15cmで、白や紫、ピンクの花を3~5月に可愛らしく

咲かせます。

見た目は雑草ぽっく、花が咲いていないと、間違えるくらいです。。。

極めつけのグランドカバーは!?


混植です。

高さ10cm以内=セダム&タイム&ハツユキカズラ&宿根ロベリア
所々に顔を出すエリゲロンはこぼれ種です。





 


この写真は2017年4月25日現在の写真です♪↑


 

その他メニューのご紹介

ヨコハマリードの最新工事現場やスタッフの日々のお仕事内容をつらつらと語ります。

神奈川県横浜市を中心に手掛けたヨコハマリードの外構工事の施工例のご紹介です。

フェンスの施工例をご紹介します。防犯目的や目隠し、落下防止など用途は様々です。

お電話でのご相談・お問合せ
045-744-9203

営業時間:9:00~18:00

●お問合せ・お見積もりは無料ですので、お気軽にご相談くださいませ。