横浜市、綾瀬市、藤沢市、大和市のガーデン(造園)、エクステリア(外構)のことならヨコハマリード

神奈川県横浜市瀬谷区下瀬谷3丁目34-15

ご予約・お問い合わせはこちらへ

045-744-9203

駐車場の傾斜、2%勾配ってなぁに?

Q.2%勾配てなあに??

 

A.2%勾配とは、傾斜になっているけどもパッと見で  平らな平面に見えるくらいのゆる~い傾斜のことを  言います。

駐車場に傾斜を付ける意味

 

駐車場に勾配を付ける意味としては、雨が降った時に水を家の外に流すという事になります。

もし、勾配を付けないとどうなるか。

駐車場の奥のほうに雨が溜まって水たまりになってしまいます。

 

 

 

コンクリート製品は経年劣化するものです。

そしてその1番の原因となるのが【雨水】です。雨水が浸み込み起きる問題としては、

 

●雨水が浸透してコンクリート内の鉄筋を錆びさせ、錆びが膨張してクラックが入る。

●コンクリート内の成分の溶出による破壊や汚れの発生。

 

などがあげられます。

それを軽減させるために雨水を駐車場に溜まる事がないように傾斜をつけるんですね!

 

 

 

 

2%勾配ってどのくらいの傾斜になるの?

例えば、一般的な駐車場ですと、だいたい奥行5メートルくらいですが、入り口の高さを

0cmとしたら1番奥の高さが10cmの傾斜が2%の勾配になる計算になります。

 

 

この傾斜が急過ぎると車をバックで停める時に大変ですし、傾斜がないと水が溜まり

コンクリートに悪いし、というので2%という絶妙な角度を取っているんですね♪

 

 

 

ただ、職人さんや外構屋さんによってそれぞれ決めている勾配の角度は違います。

 

聞かないと無駄に急な角度の勾配を付けられてしまったり、または逆に勾配角度が弱く、

変な所に水が溜まってしまったりとなってしまうケースもあるので、家の敷地や目的に合った

勾配をしっかり話し合って決めるのが良いのではと思います。

 

 

 

こちらは施工例です!当社で施工した駐車場2%勾配で造ったものになります。↓

 

 

以上が『2%勾配ってなぁに?』のご紹介でした!

ご参考になれば幸いです♪

 

 

その他メニューのご紹介

目隠しや防犯など、フェンスの用途に応じてのフェンスの選び方をご紹介いたします。

コンクリートや石貼り、レンガなどの汚れを、施工した当時のような美しい外構に戻します!

横浜市を中心に手掛けたヨコハマリードの外構・エクステリアの工事施工例のご紹介です。

お電話でのご相談・お問合せ
045-744-9203

営業時間:9:00~18:00

●お問合せ・お見積もりは無料ですので、お気軽にご相談くださいませ。